日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
学会からのお知らせ
  • 日本学術会議「第25期新規会員任命に関する要望書」についての声明(2020/10/12)
    日本言語学会は、日本学術会議の「第25期新規会員任命に関する要望書」を全面的に支持します。(2020年10月9日 日本言語学会評議員会にて決議)                  

  • 第161回大会のお知らせ(情報更新)(2020/10/08)
    ・日本言語学会第161回大会の情報が更新されました(プログラム公開)。「研究大会について」をご確認ください。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  • 『言語研究』の執筆要項及びテンプレートの更新について(2020/09/24)
    『言語研究』の執筆要項とテンプレートが更新されましたのでご注意ください。
    詳しくはこちらをご覧下さい。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  • 第160回大会の大会発表賞(2020/09/17)
    第160回大会(2020年6月,オンライン)の大会発表賞が決定しましたのでお知らせします。
    <日本言語学会第160回大会(2020年春季)大会発表賞>(3件)
    ・王 丹凝氏
     「南琉球宮古語新城方言における再帰代名詞duuとnaraの使い分け」
    ・津村 早紀氏(共同発表者:新井学氏、馬塚れい子氏)
     「子どもの言語理解能力の発達と抑制機能の関係性」
    ・峰見 一輝氏(共同発表者:広瀬友紀氏、伊藤たかね氏)
     「日本語wh疑問文における文法性の錯覚と記憶処理─文読解中の視線計測実験─」
    授賞理由につきましては下記のページをご覧ください。
    [大会発表賞]

  • 日本言語学会「英文要旨作成ワークショップ」の開催と参加者募集について(2020/08/21)
    日本言語学会では,英語による『言語研究』への投稿を促進するため,英語での執筆に関するチュートリアルをオンラインのワークショップとして開催していくことになりました。
    日時:12月12日(土曜日)10:00-15:00
    詳細はこちらをご覧ください。

  • 令和2年梅雨前線豪雨等による災害で被災された会員の方に対する会費免除について(2020/08/12)
    令和2年梅雨前線豪雨等による災害で被災された会員に対し2020年度会費を免除いたします。詳細はこちらをご覧ください。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  • 第161回大会のお知らせ(2020/08/05)
    (1) 日時・場所:2020年11月21日(土)・22日(日)、オンライン
    (2) 発表申し込み:8月1日~20日、応募の詳細はリンク先をご確認ください。

    ※第161回大会は、予稿集の公開は従来通りですが、参加には事前の登録及び大会参加費が必要になります。

    7月8日~15日の第160回大会アンケートにご協力いただき、ありがとうございました。アンケートの結果、研究発表形態については、リアルタイム配信の希望とオンデマンド配信の希望がほぼ同じくらいでしたが、質疑応答でのリアルタイム配信を望む回答が多かったため、161回大会は、Zoomを使用して開催することになりました。

    アンケートの結果は、以下で見られます。

    アンケート集計

  • 日本言語学会第160回大会の情報更新(2020/06/29)
    ・日本言語学会第160回大会(オンライン)の情報が更新されました(予稿集・発表動画・質問サイトの公開)。「第160回大会のページ」をご覧ください。
    ・大会参加費は無料です。

D3ブログのトップへ
教員公募などのお知らせ
  • 筑波大学人文社会系の公募情報(2020/10/16)
    筑波大学人文社会系は、「英語学、日英語比較・対照」を専門とする助教1名を公募しています。採用予定日は2021年4月1日以降、応募締切は2020年12月15日(火)です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2020年度第3回 公募(2020/10/08)
    NHKでは、2020年度第3回学術利用トライアルの募集を行っています 詳細についてはこちらをご覧ください(締切は11月16日)。□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  • 東北大学大学院文学研究科の公募情報(2020/09/11)
    現在、東北大学大学院文学研究科では、言語学を専門とする准教授(女性)を公募しています。採用予定日は2021年4月1日(またはそれ以降のできるだけ早い時期)、応募締め切りは2020年10月16日(金)です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • お茶の水女子大学の教員公募情報(2020/08/12)
    現在、お茶の水女子大学基幹研究院では、「中国古典文献学」を専門とする教員(助教もしくは講師)を公募しています。採用予定日は2021年4月1日、応募締め切りは2020年9月15日(火)16時です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 静岡県立大学の教員公募情報(2020/07/31)
    現在,静岡県立大学国際関係学部では,意味論・構文論・文法論を中心とする英語学の教員(教授または准教授1名,任期なし)を公募しております。 応募期限は2020年9月23日(水)です。詳しくは,こちらをご覧ください。

  • 広島大学外国語教育研究センターの教員公募情報(2020/07/16)
    広島大学外国語教育研究センターでは、「中国語教育学、中国語学、中国文学、中国語圏社会文化 研究あるいはその関連分野」を専門とする中国語担当教員(准教授もしくは助教)を公募いたします。
    応募締め切り:2020年9月18日(金曜日)17時まで必着
    詳しくは、こちらをご参照下さい。

  • 博報堂教育財団「日本研究フェローシップ」応募受付開始(2020/06/18)
    博報堂教育財団の第16回「日本研究フェローシップ」の応募受付が開始されました。「日本研究フェローシップ」は、海外で日本語・日本語教育・日本文学・日本文化に関する研究を行っている優れた研究者を日本へ招聘します。応募受付期間は2020年6月1日(月)~2020年10月30日(金)です。詳しくはこちらをご覧下さい。

  • テキサス大学オースティン校Hans Boas教授からの緊急の依頼(2020/04/30)
    テキサス大学オースティン校言語学研究センター所長のHans C. Boas教授から、長谷部陽一郎氏(本学会会員・同志社大学)を通して、日本の言語学者に対して緊急の呼びかけがありました。今般の新型コロナウイルス感染拡大による財政的危機により、テキサス大学では同センターへの予算配分を終了することを決定したとのことです。言語学研究センターでは世界の数多くの言語資源を開発・提供しており、センターを存続させるためは、5月4日までに目標額の寄付を集める必要があるとのことです。詳細は添付文書を参照ください。

D3ブログのトップへ
このページの先頭へ