日本語/English
日本言語学会について
入会・各種手続き等
学会誌『言語研究』
研究大会について
学会の諸活動
その他関連情報
学会からのお知らせ
  • 第160回大会の情報更新(2020/05/14)
    ・日本言語学会第160回大会の情報が更新されました(プログラム公開)。「研究大会について」をご確認ください。
    ・第160回大会に限り,大会参加費は無料です。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  • 夏期講座2020中止のお知らせ(2020/04/30)
    8月に神戸大学での開催を予定していた夏期講座ですが,新型コロナウイルス感染拡大がいまだ終息しない状況を考え,残念ながら中止することになりました。何卒ご了承くださいませ。なお,次回は2022年に東北大学での開催を予定しています。

  • 第160回大会のお知らせ(2020/04/30)
    2020年6月の第160回大会は,新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,早稲田大学での開催は中止となりました。公開シンポジウムは中止,口頭発表とポスター発表は,予稿集(PDF版)の公開を以て発表成立と見なし,今大会での研究公表実績として認定します。発表者の任意参加ですが,2020年7月1日(水)~7日(火)の間,YouTubeに開設した学会の専用チャンネルにて,研究発表の音声または動画を配信します。詳細は後日お知らせします。

  • 第159回大会の大会発表賞(2020/03/25)
    第159回大会(2019年11月)の大会発表賞が決定しましたのでお知らせします。

    <日本言語学会第159回大会(2019年秋季,名古屋学院大学)大会発表賞>(1件)
    ・白田理人氏
    「北琉球奄美喜界島小野津方言の疑問文末標識と言語行為―話し手の行為遂行に関する疑問文を中心に―」

    授賞理由につきましては下記のページをご覧ください。

  • 日本言語学会第160回大会の開催方法について(2020/03/12)
    新型コロナウイルスによる感染症の広がりを受けて、日本言語学会では6月20日(土)・21日(日)に予定されている第160回大会を、通常通り開催するか、またはウェブ開催などの代替案を採用すべきか、現在慎重に検討を進めております。4月下旬までに方針を決定して、学会のウェブサイトならびにメールマガジン等で通知致します。それまでは、この件に関して学会へのお問い合わせをご遠慮頂きますよう、お願い申し上げます。

    日本言語学会会長 田窪行則

  • 夏期講座2018での迷惑行為事件に対する日本言語学会の対応について(2020/01/28)
    夏期講座2018において発生した迷惑行為事件をうけて、日本言語学会として緊急声明を公開しました
    (公開・初回掲載日:2018.11.20)

  • 倫理委員会への相談窓口を設置しました(2020/01/28)
    日本言語学会が関わる諸活動(大会、夏期講座、学会誌)における各種のハラスメント、「日本言語学会倫理綱領」に反する行為(剽窃、盗用、不適切な引用などを含む)についてのご相談をうけつける倫理問題相談窓口を設置しました。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 日本言語学会第160回大会のお知らせ(2020/01/06)
    第160回大会のお知らせ
    (1) 日時・場所:2020年6月20日(土)・21日(日)、早稲田大学早稲田キャンパス(東京都新宿区)
    (2) 発表申し込み:3月1日~20日、応募の詳細はこちらをご確認ください。
    (3) 手話通訳等の支援:手話通訳やノートテイキングの支援を必要とされる方はできるだけ早く学会事務支局(lsj@nacos.com)にお申し出ください。期限は2020年5月15日(金)といたします。
    (4) 保育室:保育室を設置する予定です。詳細が決まりましたらこのページにてご案内します。保育室の利用を希望される方は2020年5月29日(金)までに lsj.childcare@gmail.com に御連絡下さい。

    ※第160回大会以降、ポスター発表を初日に開催します。

D3ブログのトップへ
教員公募などのお知らせ
  • テキサス大学オースティン校Hans Boas教授からの緊急の依頼(2020/04/30)
    テキサス大学オースティン校言語学研究センター所長のHans C. Boas教授から、長谷部陽一郎氏(本学会会員・同志社大学)を通して、日本の言語学者に対して緊急の呼びかけがありました。今般の新型コロナウイルス感染拡大による財政的危機により、テキサス大学では同センターへの予算配分を終了することを決定したとのことです。言語学研究センターでは世界の数多くの言語資源を開発・提供しており、センターを存続させるためは、5月4日までに目標額の寄付を集める必要があるとのことです。詳細は添付文書を参照ください。

  • 人間文化研究機構 総合情報発信センター研究員の公募情報(2020/04/23)
    人間文化研究機構では以下の公募を行っています。人間文化研究機構 総合情報発信センター研究員(特任助教・人文知コミュニケーター国語研)(2020年5月20日(水)17時必着)。詳しくはこちらを参照してください。

  • 国立大学法人北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院の公募情報(2020/04/03)
    国立大学法人北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院では,言語習得論分野で,言語学・応用言語学関連の研究を行う専任教員としてを募集しております。採用予定日は2020年9月1日,応募〆切は2020年5月7日,本学必着です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 法政大学文学部の公募情報(2020/04/03)
    法政大学文学部は、「英語学・言語学」を専門とする教員を公募しています。採用予定日は2021年4月1日、応募締切は5月15日です。詳しくはこちらをご覧ください。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  • 専修大学の公募情報(2020/03/25)
    専修大学文学部は、「英語学(英語史)」を専門とする教員を公募しています。採用予定日は2021年4月1日、応募締切は2020年4月24日です。詳しくはこちらをご覧ください。 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  • 法政大学文学部の公募情報(2020/03/12)
    法政大学文学部は、「言語学、比較文化、異文化コミュニケーションなど」を専門と するドイツ語担当教員を公募しています。採用予定日は2021年4月1日、応募締切は5月7日です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 名古屋学院大学の公募情報(2019/10/15)
    名古屋学院大学では,「基礎英語」「英会話」等を担当する任期制講師1名を公募しています。採用予定日は2020年4月1日,応募締切は2019年11月6日(水)〔必着〕です。詳細はこちらをご覧ください。

  • 東京都市大学の公募情報(2019/10/15)
    東京都市大学では、イタリア語の非常勤講師を公募しています。採用予定日は令和2年4月1日、応募締め切りは令和元年11月15日(金)(必着)です。詳細はJREC-INをご覧ください。

D3ブログのトップへ
このページの先頭へ